固定されたトゥート

僕は、大人数のところで無理に周りの流れを気にしたりするより、こういう小さなインスタンスで、本当に言いたいことだけ、争わないようにつぶやいて程よくのんびり過ごしたくなりました、いろいろ本当ありまして…

固定されたトゥート

ほぼすべての人が、それぞれの表現で、助けを求めている。
一体、何から、助けて欲しいと叫んでいるのだろう?
僕が思うに、8つの状態・感じている世界から抜けたいとそれぞれの表現をもって助けを求めている。
その8つとは、恥、罪悪感、絶望、悲しみ、恐怖、欲望、怒り、虚栄心から助けてほしいのだと思う。
この8つに対応できるのは、勇気、情熱、意欲、赦し、理性、愛、喜び、悟りであると思う。
これもまた、今度はわずかな人がそれをそれぞれに用い活用し表現し、人を救っているのが世界の縮図なのかもしれない。

この考察に至るに使用したのは、デヴィッド・R・ホーキンズという博士・マスターが人の心を解き明かす道あいで見つけた、人間の意識の尺度のマップによるところが非常に大きい、僕一人でこんなことを考えつく訳がない、画像を添付しておく。

誰もが…
自我が実在するならば加害者であると同時に被害者だと決定してしまうが、
実際には被害者も加害者もどこにもいはしない。
自我が実在しないからである。
真理の場において、虚構には、市民権は最初から認められてなどいはしない。

体の力を抜いて、自然にあふれ出る道程を恩恵として邪魔さえしなければ、人は皆、真の愛に遭遇することは難くはない、だが、それをされまいとする雑念や無知といった自我の力は過小評価できるような代物でもなく(人類の歴史を見ればわかるように)僕の、あなたの想像を超えて自らが何と自我に操られ邪魔をしていると気づいても、罪悪感を誰もわずかも抱く必要はない、それをやめればいいだけだ、その力みをやめれば道は勝手に開ける。

誰を師と仰ぐよりも、もっとも尊い真理の求道者の在り方は、
自分自身がこの世から退いたときにそこにある全一の「自己」を師とし、道を尋ね続けることだ。
誰しもが、必ずここに至ることになることは決定しているが、何秒後か、何億年後かは、意欲と選択次第だ。

真理が実用的であるとは限らない、実用的に真理に自分の方がむしろ仕える方が、まだあらゆる奇跡を経験できる潜在性は高いだろう。

「3218年前の、あなたの前・前世で嫁の機嫌を損ねた故に、今こうなっています」と言われて、納得できるものでも、あるまい。

そのカルマの糸を見、手繰り、今起こっている事象の原因となるカルマはなんであるのか、それを知り人に話すなどというのは、仏陀かキリストあるいはクリシュナやブラフマンそのものぐらいにしか、できない。カルマを新たに起こさずに行動と分析をしなくては、それは正確には読み取れないので、人類の進化の限界と言えるようなレベルにまで達した、全知と最速が極まっている状況でなくては言及自体が無意味になる。

カルマというものは、一本の極限に細い糸・ピアノ線のようなものだが、
人の意識や無意識のほんの小さな動きにさえ反応しあっという間に、1万分の1秒と言っていいほどの間隔で、己に絡み、人に絡み、絡まり合い、
通常の意識では知らぬ間とまさにいえるスピードで正確無比に絡まるので、
それを知ったところで、まず、ほとんどの人間には意味がない。

ミニマルテクノ聴きながらゲームラボとか読んでると、「ああ、これがテクノの世界よね」とか勝手に入り浸り始めてしまう。

ジハードを起こす聖戦士じゃなく、オウムに入るしかなかった頭のいいはずのエリートたちじゃなく、
残念な結果が約束されない「普遍性」を求める存在になれると思います。

そこまでいけばしめたもので、そこからなら無駄なく「この世の法則」をレッテルや押しつけがましさ・あるいは過ちや闘争性や無知なく少しずつ悟っていけると思います。

それには、つまり誰とも争わない中立性のある柔軟さは、
先立って多様性をまず認める必要があると僕は思っていて、
人と自分はまず違うという認識を冷酷なものとしては見ないで、
当たり前のものであると自分をも突き放して「観る」必要がある気がします。
多様性を認めることで、その全くの違いの数々のすべてに共通する何らか、つまり「普遍性」を初めて人は認識していくプロセスに入れると思うのです。

僕が思うに…極端な競争主義(共栄共存より弱肉強食がこの世の目指す姿であるなどという考え)や、
極端な平等主義(誰もが同等の生活をしなければ人間は人間足り得ないなどという考え)のどちらも文明の破壊か人々の意識の進化の遅延を促すものであり、
何をも楽しめる、世の何にも動ぜず楽しめる…という柔軟性が、歳をとればとるほど重要になるのではないでしょうか。

何が悪、どれが悪、とかレッテル貼りする気は僕には無く…
アフィリエイターも投げ銭もユーチューバーも株もFXもベーシックインカムも、その時代その時代の各文明の人々の生き方の選び方が目に見える形で浮き上がって見えているという「形」で、それ自体に面白さはあると考えています。

アイリッシュウィスキーJAMESONの酔いは良質だ。ピートを意識しないで飲める優しさがある

ぜんざいに餅6個…
吐きそうだ…( ゚Д゚)

僕は今期のアニメは「どろろ」と「上野さんは不器用」の2つだけですね…

デヴィッド.r.ホーキンズ博士及び「奇跡のコース」「奇跡講座」関連の書籍をkindle unlimitedで読んでいます。
実はその前には仏教を詳しく知りたかったのでアルボムッレ・スマナサーラ長老(上座部仏教)の本を数冊精読したんですが、
同意できない皮肉を言ったりもする方で僕には合いませんでした。
サマタ瞑想(慈悲の瞑想)とヴィパッサナー瞑想を学べたのは良かったと思います。

僕は、大人数のところで無理に周りの流れを気にしたりするより、こういう小さなインスタンスで、本当に言いたいことだけ、争わないようにつぶやいて程よくのんびり過ごしたくなりました、いろいろ本当ありまして…

jpからjugglerへとメインで活動するインスタンスを引っ越しました。
よろしくお願いします。

もっと見る
juggler.jp Mastodon サービス

日本語で楽しめるMastodonサーバを提供しています。