フォロー

2018年11月1日以降、AndroidアプリのtargetSdkVersion を26以降にしないとPlayストアにアップデートを公開できなくなります。 developer.android.com/distribu
targetSdkVersionを上げるとビルドツールとAndroid Support Library のバージョンも上げることになり、するとAndroid Support Library の制約により minSdkVersion を14以上に上げないとビルドできないので Android 4.0 未満はサポートできなくなります。つまり年内にはPlayストアでのAndroid 4.0未満のサポートは実質的に終了といっていい状態になります。

またAndroid Support Library はAndroidXに移管されますが、AndroidXはtargetSdkVersion 28 以上を要求します。AndroidX も minSdkVersion 14以上を要求します。

アプリのtargetSdkVesrionを上げると端末側は互換性のための制限緩和をなくすので、アプリ側はAPIの動作制限に準拠することを要求されます。developer.android.com/distribu その内容は多岐にわたり、アプリの内部設計に大幅な影響を及ぼす場合もあります。

ログインして会話に参加
juggler.jp Mastodon サービス

日本語で楽しめるMastodonサーバを提供しています。利用規約を読んでからサインアップしてください。